Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

スタッフブログ

login

スタッフブログ

Newsレター7月号配信!!

「物事を前進させる」には、問題解決の方法よりも、まずは・・・!?

「物事を前進させる」には、問題解決の方法よりも、まずは・・・!?

有限会社キャリア・アップです。 いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
(*このメールは、ニュースレター会員様及び、 須山と名刺交換をさせて頂いたお客様に配信しております。)

7月のNewsレターを配信いたします。
今月のキャリア・アップNewsレターでは、以下の3つの話題を皆様にお伝えします。

1. 物事を前進させるには、問題解決よりもまずは「相手を理解する」
2.仕事が出来る人は、「できない」→「できる」に変えている‼
3. 「中堅社員・管理職のためのリーダーシップ研修」のご紹介
今月は、これらに注目してご覧ください。


私には、過去こんな失敗談があります。
ある企業の管理者が「部下との関係性のことで、相談に見えた時のことです。
その上司からすると、報連相をしてこない部下達がいること、また指示を出さなければ
動かない部下達がいることにかなり困っている様子でした。
そこで私は、こんなことが頭に浮かんだのです。

「報告を受ける時の態度はどうであるのか」また、「いきなり否定していることはないか」など、
これまでの経験から色々なことが頭によぎり、あえて質問をしてみました。
すると、相談者は「そのあたりも、自分としては自覚しており、少しずつ態度も改善してみたことや、
自分が直接的に注意をするのではなく、ナンバー2の立場の人間に対応してもらったり、色々と自分自身も
改善しようとしている」という話をしてくれました。

しかし、この相談者は、こういうのです。

「自分がこんなに色々改善もしているのに、部下たちは相変わらずの状態で、さすがに疲れました」
と。

 

すると・・・、私はこう言ってしまったのです。

「では、何等か部下を褒めたり、何等か部下を認めることはしていますか」
と。

するとそれに対して・・・
「それもやっている。とにかく、部下たちのレベルが低すぎるんですよ」
という会話になり、堂々巡りの状態になってしまいました。

わたし自身も、自分の相談の受け方はどうだったのかと悶悶とした状態でした。

 

その後、私ではうまく行かないので、他のコンサルタントにもこの方の相談にのってもらうようにしたのです。

すると・・・
その後、そのコンサルタントからその結果を聞くと、話がうまく進み結果的に、新たなトライをしてみるという
前向きな状態で話は終わったということでした。
私は、その時「えっ、私はあんなにあの相談者に苦労したのに、何が違うのだろうと」と思いました。
そこで、そのコンサルタントにどのように対応したのかを聞いてみると・・・

その相談者の日ごろ工夫しているところ(部下との関わり)、その時どのような思いで行ったのか、
相手の状況を理解しようとしたり、相手の気持ちに共感して、「まずは承認の言葉」をかけているという行為をしていたのです。

私との違いは、一つひとつのエピソードを聞きながら、その相談者ご自身をしっかりと
受け止めまずは承認する」という一歩をしていたのでした。

 

実は、この相談者は、最初は今の職場から異動を願いでておりましたが、その時の相談後、
最後のチャンスとして、もう一度あることにトライしようという思いに変わっていったのでした。

私は、上記のような『自分のうまくいかなかったこと』から、多くのことを学びました。
悩みのある人は、問題解決の方法論を提示してもただの正論だけにすぎないこと。
まずは、しっかりと相手の状況を理解し受け止めるステップがないと、人はアドバイスや提案も
受け入れにくいことを実感しました。

これは、私の立場のような人間にかかわらず、皆さんのように上に立つお立場の方々にも
何か言えることではないでしょうか。 須山より



 周りから認められどんどん昇進していったある部長のお話です。

その方は、常に「できないことはない」という考え方の基に日々仕事をしているようです。
今回は、素晴らしい部長の話をご紹介したいと思います。

ビジネスの世界では、日々、上からの指示命令に応えることや数々のチャレンジをしていくことの連続であります。
その時に、今は手一杯だから「できない」、「自分には無理だ」という場面も沢山出くわします。
しかし、この部長は、「できないことはない」と常に言っています。
もう少し、掘り下げて聞いてみると・・・・


実は、できないという傾向には、3つポイントが見えてくると言っておりました。


そこで、この3つの状況から、ちょっとだけ見方を変えてみると、明るい未来が見えてくる ということです。



この3つの観点からもう1度自身を振り返ってみると、意外に「できない」と決めつけているのは自分であったり、
自分だけでやろうと力むから「できない」状態に陥ることが分かります。

だから、この部長は一歩も二歩も前進して周りから信頼されているのだということが分りました。

 

こう考えてみると、「できない」と決めつけるのではなく、

 「自分のやり方を変えみると」

 「タイミングを変えばできるのか」

 「人と相談すればできるのか」

ちょっとだけ発想転換して取り組むことも一理あると思いませんか。 

 




■中堅社員・管理職のための「リーダーシップ研修」








お申込は、こちらよりお願いします。https://www.career-up.co.jp/seminar/?mode=detail&article=67




《編集後記》(根)ようやく順々に梅雨も明けてきて、夏本番ですね。蝉の声で夏の気分を味わっています。

印象を良くする第1歩は「自分の弱点を知る」③目線・表情

周囲の人は気になっていても、自分では気づけない事も多い「自分のクセ」
人の印象は、話す内容以前に
「声のトーン」「声の大きさ」「表情」「見た目」などを含めた『話し方』で9割が決まるそうです。

相手に良い印象を与えるには、自分の現状を知るところから…。
今回は「目線」「表情」をチェックしてみたいと思います。

☑下の項目にあてはまるものをチェックします。
1.目線が定まらない事がよくある
2.相手の目を見て話すのが苦手
3.つい相手の芽を凝視してしまう
4.「目力がすごいね」と言われる
5.真剣に話を聞いているのに「不機嫌」だと勘違いされる
6.今、口角は下がっている
7.何を考えているのか分からないと言われる事がある
8.電車の窓に移る自分の顔が怖い



1~8に1つでもあてはまれば「目線」「表情」に問題あり‼


◆1~2にあてはまる人は「目線が定まらない」
  相手に与える印象は
    ✖落ち着きがない
    ✖自信がない

 緊張したり、自信がない時ほど、目線が泳いだり下がったりしがち。
 意識して相手の目に焦点を絞りましょう。目を見るのが苦手なら鼻や眉間を見るのも〇です。
 取引先との商談や、人事面接などはご注意を。

◆3~4にあてはまる人は「相手の目を凝視しすぎ」
  相手に与える印象は
     〇しっかり聞いてくれる
     ✖睨まれているようで怖い
 相手の目を見て話すのは良いですが、目をそらさずに凝視し続けると、相手に威圧感を与えます。
 話の切れ目や考える時に、上下どちらかに目をそらすと印象が和らぎます。
 上司に報告・相談をする時、後輩と話す時などを聞く時は、ご注意を。

◆5~8にあてはまる人は「表情が硬い」
  相手に与える印象は
     ✖つまらなそう
 話す時のベストな表情は、もちろん笑顔。
 鏡を見る時は必ず口角を2㎜上げるなど、笑顔トレーニングを日常に取り入れてみましょう。
 深刻な話などは、臨機応変に表情を変えましょう。鏡のトレーニングで表情豊かな人に。
 相談を受けた時、初対面の人と話す時は、ご注意を。
 (著書『1分で心をつかむ話し方』より引用)


客観視するために、スマホで『動画を録画』して見てみるのがお勧めです。



今まで自分の気づかないところで印象を下げていたのだとしたら、非常にもったいないですよね…。
私が以前、スポーツクラブでアルバイトをしていた時の話です。
教育係に「表情が乏しくて何を考えているか分からない」と指摘されたことがあります。
「特に口の動きが小さいから、話し声もボソボソしているし、覇気がなく見える」
とも言われました。
そこから意識して口を動かすようになりましたが、最初は口角のあたりが筋肉痛になりピクピクとしました。
よほど使っていなかったのだなぁと痛感しました。

夏季休業のお知らせ

夏季休業のお知らせ

平素よりご愛顧いただき、誠に有難うございます。

弊社は下記日程で休業をいたします。
休業期間中に頂戴したメール、FAXでのお問い合わせにつきましては
令和2年8月17日(月)より、順次対応させていただきます。

【休業期間】

令和2年8月8日(土) 〜 令和2年8月16日(日)

皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

イライラしない自分をつくる5つの習慣

新型コロナウィルスに負けるな!

イライラしない自分をつくる5つの習慣

「些細な事でイライラしてしまう」「すぐに怒鳴ってしまい後悔する」・・・新型コロナ
ウィルス感染症拡大の影響もあり、心が不安定になりがちです。感情をうまくコントロール
できれば、仕事も好循環が生まれます。

1.適度な運動でストレスを発散する
 適度な運動にはリラックス効果があります。ウォーキング、サイクリング、ストレッチなど
 長期間続けられる軽い運動がおすすめです。

2.愚痴を言わない
 怒りを口にすることで嫌な記憶が脳に定着し、怒りやすくなります。愚痴は事実をゆがませる
 可能性もあり、怒りを増幅させるので注意しましょう。

3.「事実」と「思い込み」を切り分ける
 「思い込み」は余計な怒りを生み出してしまいます。普段から事実と思い込みを切り分ける
 トレーニングをすることが大切です。

4.笑顔とていねいな言葉遣い
 心と身体はつながっています。笑うことで幸福だと感じます。表情と同様に言葉遣いも
 同じです。言葉遣いがていねいで穏やかな人は、気持ちも穏やかになります。

5.不平不満の多い人とは距離を置く
 たとえ自分が怒っていなくても、怒っている人の話を聞いているうちに腹がたって
 きたりするもの。不平不満や怒りは伝染します。「ストレス源」に近づかない事も
 大切です。

カッとなったら6つ数えよう!
 カッとなったとき、もっともまずいのが、反射的に怒りを表現することです。
 怒りのピークは6秒で終わり、気持ちは落ち着きます。
 カッとなったら、ゆっくり6つ数えましょう。

<TKCビジネスニュースより引用>

印象を良くする第1歩は「自分の弱点を知る」②相づち・口グセ

周囲の人は気になっていても、自分では気づけない事も多い「自分のクセ」
人の印象は、話す内容以前に
「声のトーン」「声の大きさ」「表情」「見た目」などを含めた『話し方』で9割が決まるそうです。

相手に良い印象を与えるには、自分の現状を知るところから…。
今回は「相づち」「口グセ」をチェックしてみたいと思います。

☑下の項目にあてはまるものをチェックします。
1.相手の話は、無言でうなずきながら聞くことが多い
2.リアクションは薄い方だ
3.初対面の人と、会話が途切れがち
4.相づちは「はい」「ええ」など、同じ言葉を繰り返している
5.話し出すとき「えー」「あのー」をよく使う
6.「マジで?」「ウケる~」をいまだに使ってしまう
7.仲良くなると、目上の人に対してもタメ口になりがち
8.相手の意見に対し、「そうですよね~」とよく言っている



1~8に1つでもあてはまれば「相づち」「口グセ」に問題あり‼


◆1~2にあてはまる人は「相づち不足」
  相手に与える印象は
    ✖ちゃんと聞いているのかな…? 
 相づちが無かったり、リアクションが小さかったりすると、話し手は「内容を理解してもらえているのかな…」と不安になってしまいます。
 笑顔でうなずくだけでも、印象は大きく変わります。
 初対面の人と話すときや、1対1で話すときはご注意を。

◆3~4にあてはまる人は「相づちが単調」
  相手に与える印象は
    ✖なんかイラッとする!
 「…はい。…はい。」と相づちが単調な人は、「はい」「ええ」「そうですか!」とバリエーションを。
 「それでどうされたのですか?」など、相づちに質問を付け加えると、話が長続きするそうです。
 社外の人や上司の話を聞く時はご注意を。

◆5~8にあてはまる人は「口グセを連発している!」
  相手に与える印象は
    ✖気になって話に集中できない
 口グセは自覚すること。自分のクセを知れば回数は減るはずです。
 「なるほど」「そうですね」は、目上の人に失礼に当たります。
 フォーマルな場や、目上の人や社外の人と話す時はご注意を。
 (著書『1分で心をつかむ話し方』より引用)

声を客観視するには自分の声をスマホなどで『録音』して聞いてみるのがお勧めです。



今まで自分の気づかないところで印象を下げていたのだとしたら、非常にもったいないですよね…。
私が以前、スポーツクラブでアルバイトをしていた時の話です。
先輩が接客時いつも「へ~」「なるほど~」「そうなんですね~」という相づちをしていました。
その様子をクラブ会員様に物マネされ「あの子はいつもそれしか言わん」と指摘されました。
本人にそれとなく伝えてみた所「えっ?俺、そうなの?」と驚いておりました。
無自覚のクセだったようです。

打つ手は無限

打つ手は無限

打つ手は無限

どんな時でも
どんな苦しい場合でも
愚痴を言わない
参ったと泣き言を言わない
何か方法はないだろうか
何か方法はあるはずだ
周囲を見回してみよう
いろんな角度から眺めてみよう
人の知恵も借りてみよう
必ず何とかなるものである
なぜなら打つ手は常に
無限であるからだ


滝口良太郎

<TKCビジネスニュースより引用>

印象を良くする第1歩は「自分の弱点を知る」①声のトーン・大きさ

周囲の人は気になっていても、自分では気づけない事も多い「自分のクセ」
人の印象は、話す内容以前に
「声のトーン」「声の大きさ」「表情」「見た目」などを含めた『話し方』で9割が決まるそうです。

相手に良い印象を与えるには、自分の現状を知る事が初めの一歩…。
今回は「声のトーン」「声の大きさ」をチェックしてみたいと思います。

☑下の項目にあてはまるものをチェックします。
1.周囲の人と比べて、声は大きい方だ
2.カラオケではキーが高い曲を歌う事が多い
3.少し盛り上がるだけで「うるさい」と言われる
4.会話中、相手から「え?」と聞き返されることが多い
5.初対面の人から「おとなしそう」に見られる
6.大きな声を出すのは苦手
7.低温のハスキーボイスだ
8.落ち着いているとよく言われる


上1~8に1つでもあてはまれば「声のトーン」「声の大きさ」に問題あり‼

◆1~3にあてはまる人は「声が大きい」or「声が高い」
  相手に与える印象は
     〇声がよく通る
    ✖なんか、うるさい! 
 静かな場所・静かなオフィス内などでは「声の大きさ」「声のトーン」を下げましょう。
 声が高すぎる人は、意識してトーンを下げます。

◆4~6にあてはまる人は「声が小さい」
  相手に与える印象は
    ✖暗そう…
 「暗そう」「自信なさそう」に見られ、第一印象で損。
 大きな声が出にくい人はお腹から息を吐き出しながら「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と発声練習を。

◆7~8にあてはまる人は「声が低い」
  相手に与える印象は
    〇落ち着きがある
    ✖いつもテンションが低い
 低い声は相手に安心感を与えますが、小さい声でぼそぼそ話すと聞き取りにくい事も。にぎやかな場所や、大勢の前で話す時(プレゼンの時など)は、意識して声を大きくし、ドレミの「ソ」の音を目安に普段より少し高めのトーンで話すと◎です。
 (著書『1分で心をつかむ話し方』より引用)

声を客観視するには、自分の声をスマホなどで『録音』して聞いてみるのがお勧めです。

私の体験です。
以前撮影した、自分の話している姿を動画で見てショックを受けました。
思っていた以上に 姿勢が猫背、声が小さい、「ええと」「やっぱり」といった言葉を何度も使っている。
話しながら体がごちゃごちゃ動いている。
こういった事は、普段の生活では気づけませんでした。

今まで自分の気づかないところで印象を下げていたのだとしたら、非常にもったいない…。
自分の姿なんて見たくないと思いつつも、チェックしてみて良かったと思いました。

なぜ私は「人見知り」なの?

小さいころ、山奥で生まれ育った私は、都会の大人は皆 怖い人間だと思っておりました。
とんでもない偏見です。その話はさておき、ここではそういった意味の人見知りではなく、
「初対面の人が苦手」「人の輪に入れない」
といった、大人の人見知りについてお話しいたします。

カウンセラーのかた曰く
・人見知りはあって当たり前
 大人同士だとお互いすぐには心を開きません。
 最初は距離感があって当たり前。気楽に考えましょう。

・自分を良く見せようとしないこと
 うまく振る舞おう、良く見せよう、と頑張るほど表情が硬くなっているかも。
 表情が硬いと人を遠ざけてしまいます。
 『緊張しています~』と素の自分を見せる事でお互いにリラックスでき
 本当の魅力が伝わりやすくなるかもしれません。

・言葉の数よりも、心の通ったやりとりを
 話す内容を事前に用意し「天気、趣味、好きな食べ物…」ネタが切れるとシーン…。
 初対面でいきなり会話が弾むほうが稀ですし、沈黙は気にしない事です。
 大切なのは いかに会話が続くか ではなく、相手と向き合う姿勢。
 言葉は少なくても、心の通ったやり取りを。
 どうしても沈黙が怖くて困ったら『緊張して話が思いつかなくて…』と
 素直に伝えたほうが気持ちが楽になるかもしれませんし、場が和みます。

・多くの人が「自分はひどい人見知りだ」と思い込んでいる
 初対面は誰だって苦手。自分だけじゃない。
 人の目を気にしすぎず、その場を楽しむことで人との距離は縮まっていきます。


学生の頃の私の体験です。
当時は引っ込み思案で、アルバイトを始めた当初は、人の輪に入れるかが本当に不安でした。
緊張しながらも作業を覚えてアルバイトが楽しくなってきたころに、自然と輪に入れていました。
変に怖がらずに、自然に、素直でいればきっと大丈夫ですね。

Newsレター6月2回目号配信!!

Newsレター6月2回目号配信!!

「ビリギャル」を教えた坪田先生のモチベーションの上げ方とは!?

6月2回目のNewsレターを配信いたします。
今月のキャリア・アップNewsレターでは、以下の3つの話題を皆様にお伝えします。

1. 「ビリギャル」を教えた坪田先生のモチベーションの上げ方
2.指示命令がなくとも、自律的に仕事に取り組める状態を作るには‼
3. キャリア・アップの新人社員研修のDVDのご紹介。
 今月は、部下の意欲に違いを出すには?!ということについて見ていきましょう!



以前、個人的にマンションの購入を考えており、スマホより検索した経験がありました。その後、それがきっかけで検索をしてもいないのに、定期的なマンションの広告をスマホから目にすることが多くなりました。このように、現代は顧客の興味ある分野において、検索履歴や行動パターンから相手の興味を割り出し、相手に合わせた広告を表示するというターゲティング広告という手法での広告が多くなりました。
「相手に合わせること」で無駄な広告費を減らし、広告効果を最大限に引き出すことができる訳です。

この「相手に合わせる」という手法は、部下育成にも言えることです。昔ながらの「背中を見て覚えろ方式」や「十羽一絡げ」の指導は今の時代に合わないと言われるように、「相手に合わせた」指導の仕方は確かに必要に感じています。『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者である坪田先生はまさしく相手に合わせた指導の仕方をしており、最近興味がありこの方の本を読んだところでした。

 

印象的なものをご紹介しますと・・・
ビリギャル流やる気アップの秘訣は、ほめるのではなく変化に気づくこと」と書いてありました。
★ただ何でも「褒める」のではなく「相手の変化に気付いてフィードバックする」のだと言うのです。
「褒める」というよりも、「客観的にフィードバックするだけ」。

もともと人間は、フィードバックされるとより良くなろうとする生き物のようです。

 

例えば、私達が日頃の何気なく使っており既に客観的に私達にフィードバックしてくれる「モノ」があります。
それが「鏡」です。その鏡を見て顔にゴミがついていれば取るし、寝ぐせがついていれば直します。つまり、客観的にフィードバックされることで、人はよりキレイになろう、カッコよくなろうとするわけです。
ですから、坪田先生は、褒めて育てるというよりも「フィーバック」をして、小さな変化を見てあげて側面的にサポートしながら、モチベーションを高めていったようです。



そして、更に大切なことは「主観を挟まない」ことです。

 

例えば、一般的な親は、机に向かう姿勢が悪いことが気になる時に「何でそんなに背筋が曲がっているの!?目が悪くなるし背だって伸びなくなるよ」と言いがちです。しかし、フィードバックとは「背筋が曲がっているね」と事実のみを伝えるだけで、子供は「ああ直さなくっちゃ」となるのだと言っております。

また、まだ結果は出ていないにしろ「以前よりも時間をかけて考えようとしたんだね」と小さな良い変化を認めて言葉にすることが大切だと言っています。結果はまだ出でなくとも「小さな変化に気付いて言葉にしてあげる」だけで、この人なら信頼できると子供は思い、だんだん坪田先生の話に耳を傾けるようになったそうです。

私達は、親としての立場、経営者や上司の立場として、色々と先入観と決めつけでモノを言ってしまいがちです。それが指導であり、また指導のつもりで言っています。しかし、その決め付けやお説教が、この子のモチベーションを落とす行為につながっていることを親も上司も気付くことは大切であると感じました。 

もちろん、これは私自身の戒めでもありますが(笑)。  
須山より



 色々な経営者や管理職の方々が共通に言われる事として、
「うちの部下は、指示命令しなければ動かない…動けない…参ってしまいますよ」という言葉です。
確かにそうだと思います。
上司にしてみれば、自ら考えて動けるようになって欲しい・・・という思いもよく理解です。
そうでないと、自分の仕事も円滑に進まないし、イライラも募るばかりですし…。私も同感です。

では、「指示がなくとも、自ら考えて動ける」ようにするためにはどうすればよいかということです。

実は、ある本を読んでいたら「世の中にヒットしているゲーム」にそのヒントがどうも隠されているようです。
(行動経済学より)
若者に限らず、最近の人達は、「ゲームに夢中」になっている人が結構多いように思います。
では、そのゲームの魅力とは何なのでしょうか。

どうも、その「人気ゲーム」には共通点があり、それは人のモチベーションアップや自律に何らか参考になる、という話が書いてありました。

それは・・・

  仕事においても、この7つのポイントを押さえれば、自律的に高いモチベーションをもって取り組めるようになるのだと思います。
しかし、現実は、どうでしょうか。この7つと真逆になっていることが多いですよね。失敗できる雰囲気もないし、他人と比較されてモチベーションも落ちるし…。

このような7つのポイントを意識した環境づくりで部下の意欲に違いを出してみませんか?! 

 


   

 



お申込は、こちらよりお願い致します。https://www.career-up.co.jp/training/?mode=detail&article=58



《編集後記》(根)自宅のエアコンの掃除をプロの業者にお任せしたところ、空気が良くなり快適です。

逆境に立ち向かう言葉

逆境に立ち向かう言葉

逆境に立ち向かう言葉

新型コロナウィルス感染症の拡大により、世界恐慌以来の大不況が到来するとの
見方がでています。先人たちはどのように逆境に立ち向かっていったのでしょうか?

「闇の中から」
闇があるから光がある。そして闇から出て来た人こそ、一番ほんとうの光の有難さ
が分かるんだ。


「道は必ずひらける」
自分には自分に与えられた道がある。
広い時もある、せまい時もある
のぼりもあれば、くだりもある
思案にあまる時もあろう
しかし、心を定め
希望を持って渉ならば、必ず道は開けてくる
深い喜びも、そこから生まれてくる


「人間はまだまだやれる」
発明発見、創意工夫の世界は、あくまで広大無辺で
今まで人間の踏み込んだ地域は、
九牛の一毛にも達していない
人間のやったことは、人間がまだやれることの100分
の1に過ぎないのだ。


「竹のフシ」
景気・不景気は
竹の木のようなもので、不景気はまさに竹のフシだ。
フシがあるからこそ竹は
雪にも負けない強さを持つのだ
こういう時こそ、企業の基礎固めができる

<TKCビジネスニュースより引用>

全部で1006件中 41-50件を表示

最近の記事

お問い合わせ

TELTEL053-411-6858

有限会社キャリア・アップ担当:須山由佳子営業時間:9:00~18:00定休日:土曜・日曜・祝日(休日も対応可)

住所:静岡県浜松市東区上新屋町228-2

詳細はこちら