Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

研修

login

スタッフブログ

説明力向上セミナー を受講してきました。

説明力向上セミナー を受講してきました。

説明力向上セミナー を受講してきました。


先日、『説明力向上セミナー』を受講してきました。

説明力とは、「説明を上手にするためのスキル」「プレゼン力」のみを指しそうですが、
例えば、「緊張した気持ちを振り払うこと」も説明力の1つです。
なぜなら、「緊張した気持ちを振り払う」ことは、自分の気持ちを持ち上げ、そして振り払い
結果、緊張しても上手に人前で説明をする事ができる事に繋がるからです。


また、「説明をする」とき、「主役は聞き手」となります。
主役を聞き手にする事により、「自分がいいたいこと」より「相手が知りたい事」を話をする
よう気持ちを傾ける事ができます。


弊社の研修でも多く取り扱われます「報告・連絡・相談」についても、「説明力」に含まれます。

説明力とは、ただ説明が上手と言う意味だけではなく、様々な内容も説明力に含まれるのです。

何か、困った問題が発生した時、「困った状況の報告」のみするのではなく、「ではなにをしたら解決へ
繋がるのか」の「解決策」も含めて上司へ報告するという事も、説明力のスキルを向上する為には必要です。

「主役は聞き手」

と言った視点で、「相手が知りたい事」を伝えられているか?を意識して今後は業務を行っていきたいと思います。


リーダーシップ研修 2019 第1日目スタート

リーダーシップ研修 2019 第1日目スタート

リーダーシップ研修 2019 第1日目スタート

9月突入いたしました。

本日、キャリア・アップ企画
『リーダシップ研修』第1日目がスタートいたしました。

次回は、10月となります。

今年度も4日コースで進めて参ります!!

この研修では、グループワークを多く取り入れ、実践的に体得して行きます。

部下の能力を「引出し」「巻き込み」「チームの成果を最大限」
にできるマネジメント能力
が学べます!


★参加受講生からの声★
・相手を変えさせようとするのではなく、相手の行動を理解・尊重するように自分が変わらないと
 どんな関係づくり、信頼づくりにも繋がらないと学んだ。

・リーダー1人だけがリーダーシップを取り皆を引っぱらないといけないと思っていたが
 今回の研修に参加し、リーダーは1人1人のリーダーシップを引出してあげ、リーダーも
 含め皆で周りに影響を及ぼす力を出し、目標・目的に向かう事がチームなんだと学んだ。

研修のご報告は、また後日掲載いたします。

生産性向上のために社員への昼寝のすすめ

生産性向上のために社員への昼寝のすすめ

生産性向上のために社員への昼寝のすすめ

8月23日(金)に処暑を迎え、吹く風がだいぶ秋めいてきましたね。朝晩は涼しいくらいで、夜に良く眠れるようになったという方も多いのではないでしょうか?
夏の間はどうしても、暑さで睡眠の質が落ち、寝不足になりがちです。睡眠不足になると、仕事にも影響が出ることがあり、生産性向上のためにも、昼食後の昼寝が見直されているようです。

そんな中、昼寝時間を確保するために昼休みに「居眠りOKのセミナー」を開催している企業があるそうです。研修をご提供している弊社としては、「居眠りOKのセミナー」とはなかなか抵抗感のあるキャッチコピーですが、その中身はなるほど、と感じることもありました。
静岡新聞夕刊の他、こちらのサイトでも紹介されていましたので、是非ご覧になってみてください。

上司へ遠慮して自席では眠れない社員への配慮や、もし眠れなくてもセミナーを聞くことで自己啓発になる、という視点は目から鱗でした。
生産性向上の取り組みとしては非常にユニークですが、メリットも多く感じられ、やり方を考えればどこの企業でもすぐに実施できるという点で非常に面白い取り組みなのではないでしょうか?

ファシリテーションスキルとは?

ファシリテーションスキルとは?

ファシリテーションスキルとは?

9月2日から始まる、弊社主催のリーダーシップ研修では、チームのやる気を引き出す方法として、ファシリテーションスキルを学ぶことができます。

「ファシリテーションスキルとは何??」と耳慣れない方もいらっしゃるかもしれません。または、「ああ、会議の運営ね」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
ファシリテーション(facilitate)とは、「円滑にする」「楽にする」「手助けする」などの意味があり、物事がうまくいくようにすること全般を指します。
したがって、ただ会議を運営するだけではなく、プロジェクトをを目的に沿ってうまく進めていったり、業務を円滑に進めることにも使える技なのです。
そしてもちろん、会議の効率も飛躍的にアップします!
特に、対立した意見をまとめて合意を作り出す方法は、皆様の職場でも必要度が高いのではないでしょうか?
是非、キャリア・アップのリーダーシップ研修で、効率的にファシリテーションスキルを学んでみませんか?
お申し込みは、こちらから。

コーチング基礎のキ ~スキル編~

コーチング基礎のキ ~スキル編~

コーチング基礎のキ ~スキル編~

9月2日から始まる、弊社主催のリーダーシップ研修では、コーチングの基礎についてもお伝えします。
以前のブログでは、「コーチング 基礎のキ」として、「コーチングとはどういうものなのか」と言う事をお伝えしました。
今回のブログでは、コーチングに必要なスキルについてご紹介します。

コーチングに必要とされるスキルには、以下の3つがあると言われています。

聞く(聴く)スキル
承認のスキル
質問するスキル

コーチングは一人でするものではなく、必ず相手が必要です。そして、対話の中で、相手が自分自身で目標達成できるよう導きます。
目標達成のためには、表面的な会話ではなく、内面に切り込んだ深い会話が必要になります。そこで、上記のスキルを織り交ぜ、相手との信頼関係を築きながら前へと進んでいきます。
では、具体的にどのようにしていくのかは、研修の中で実習や実例を基にご自身で体験していただきます。
社員一人一人の力や能力を組織の力に変えるために、コーチングは非常に有効です。
この機会に是非、弊社の公開研修にてコーチングについて学んでいただきたいです。
*********************************************************
キャリア・アップでは、9月から始まる弊社のリーダーシップ研修でも、「コーチング」についてお伝えしていきます。
ご興味のある方は、是非お申込下さい! お申し込みは、こちらから。

コーチング基礎のキ

コーチング基礎のキ

コーチング基礎のキ

9月2日から始まる、弊社主催のリーダーシップ研修では、コーチングの基礎についてもお伝えします。
今回のブログでは、「コーチングって何?」「難しそう~」と感じている方にも、コーチングを身近に感じていただけるよう、「コーチング基礎のキ」と題してお送りしていきます。

コーチングのコーチとは、その名の通り、スポーツのコーチと同義語です。コーチという言葉の由来は、馬車(Coach)からきています。指導者は「学習者を運ぶ道具」と比喩されたことから、馬車を意味するコーチが学業やスポーツを指導する指導者を指すようになりました。

スポーツ指導のコーチは、目標達成のためにどうすれば目標達成できるかをサポートしてくれますね。それと同じで、マネジメントでのコーチも、仕事で成果を出す(目標達成する)ためにどうすればいいかをサポートしてくれる人を指します。

したがって、コーチングとは、目標達成のためにどうすればいいかをサポートすることです。具体的には、目標達成のために、相手に自発的行動を促進するコミュニケーションを指します。
ですから、コーチングで最も大切なのは、「指示してやらせる」ことではなく、「自発的に行動を起こさせる」点です。


では、自発的に行動を起こさせるためには、どんなスキルが必要になってくるのでしょうか?
次回のブログにて、詳しくご紹介します。

****************************************************************************************************
キャリア・アップでは、9月から始まる弊社のリーダーシップ研修でも、「コーチング」についてお伝えしていきます。
ご興味のある方は、是非お申込下さい! お申し込みは、こちらから。

「怒る」と「叱る」

「怒る」と「叱る」

「怒る」と「叱る」

部下指導の研修ではよく言われることですが、「怒る」と「叱る」の違いをご存知ですか?

相手が自分に悪い影響を与えたり、自分が指示した通りに動いてくれなかったりした場合に……

「怒る」とは、自分が腹を立てた事を相手にぶつけることです。
自分本位で感情的な行為です。
一方、「叱る」は、相手を良くしようとする注意やアドバイスを、あえて声を荒げたり強めたりして相手に伝える行為のことです。
つまり、相手の事を思って行う、相手本位の行為です。

どちらが生産性がある行為でしょう?
「怒る」と「叱る」の違いは、知っているようでもなかなか言葉にできない、行動できないものかもしれません。

キャリア・アップでは、9月から始まる弊社のリーダーシップ研修でも、「叱る」ことについてお伝えしていきます。
ご興味のある方は、是非お申込下さい! お申し込みは、こちらから。

【研修報告】4月26日開講の育成研修

【研修報告】4月26日開講の育成研修

【研修報告】4月26日開講の育成研修

4月26日に開催いたしました、『育成研修』は無事終了いたしました。

5社9名の方々にご参加頂きました。

受講生の皆様は、日頃から部下をご指導される中での、
「指導方法」「部下との接し方」等を学んでいただきました。


平成から令和へと時代が移り変わり、現代社会においては、私達昭和世代から
平成生まれの若者が入り交じり仕事をしております。時代の流れと共に、人々の
考え方や、今まで当たり前だと思っていた事柄も当たり前では無くなり、様々な
変化を遂げています。

「当たり前」「常識」もやはり、世代によって異なって来ます。それぞれの世代の
違いを受け入れ、色々な考え方に柔軟に対応して行く「柔軟性や対応力」の大切さを
改めて感じました。

【報告】新人・若手社員研修

【報告】新人・若手社員研修

4月も早いもので、下旬に突入しました。
新入社員の皆様は、少し会社にも慣れ、落ち着いてきた頃でしょうか。

弊社では、各企業様に行わせて頂きました「新人・若手社員研修」のアンケートを
ただいままとめております。

弊社代表の須山より、5月以降各企業様へ報告へ伺わせて頂く予定となります。

研修の「受講後アンケート」を少し紹介してみたいと思います。

質問:今回のセミナーで、どのような学びや気付きがありましたか?

● 学生と社会人の違いのお話しでは、これから背負っていく責任の大きさを痛感した。
   また自己責任ということで、裏を返せば自由であるという事なので、夢を実現させることも
      出来るなど大きな可能性を感じた。

● 社会人と学生では大きな責任の差があり、1つのミスで会社の信用・信頼を欠くことになる。

● 苦手な事でも挑戦する事で、道が開かれると気付きました。

● 電話は互いの顔が見えないので、その分声の調子や相槌が大切だと感じた。

● 自分の就職した会社では新人で済むと思うけど、他社では立派な会社の人と捉えるので、
   しっかりとマナーよくしたいと思った。

● 「学生でインプットし社会人でアウトプットする」
  学生の頃はインプットしているという自覚が無かったので、学生で学んだ事が社会人でアウトプット
  されているんだなと感じた。



私達は、社会に出て働き始め10年20年と経過をしています。日々敬語を話すとや、社会人として
振る舞う事が、ある意味日常となっております。しかし、社会に出たばかりの受講生の皆さんの声を
聞くと、我が身を振り返ってみたり、自分自身も初心に戻る良い機会となります。

2019年度新人研修 無事終了しました!

2019年度新人研修 無事終了しました!

2019年度新人研修 無事終了しました!

弊社主催の新人研修が、昨日無事終了しました!
様々な企業様からの新人の皆さま30名弱がご参加下さり、2日間の学びの時間を持ちました。
初日は、初めてのビジネスマナー実習に戸惑ったり、グループワークでは初対面のメンバーに対し遠慮がちに
話しかけるなど、フレッシュさがいたるところで見られました。
しかし、研修を続けていくにしたがって受講者同志打ち解けていき、それに従って学びも深まっていったよう
です。
お辞儀の仕方も堂に入ったものになり、声も大きくなり、スピーチする姿も自信に満ち溢れていました。

先日、長男の高校の入学式に参加した際、学年主任の先生がこんな言葉を下さいました。

「昨日までは○○高校が私の誇り。今日からは、私が○○高校の誇り」

この言葉は、新入社員のみなさんにもあてはまるのではないでしょうか。

「昨日までは○○会社が私の誇り。今日からは、私が○○会社の誇り」


大きな夢を抱いて入社した、憧れの会社。新入社員の皆様には、自分がその会社の誇りとなれるよう頑張って
いただきたいと思います。
キャリア・アップのスタッフ一同、皆様のご活躍と皆様の未来が輝くものでありますようお祈りしております。







全部で92件中 1-10件を表示

最近の記事

お問い合わせ

TELTEL053-411-6858

有限会社キャリア・アップ担当:須山由佳子営業時間:9:00~18:00定休日:土曜・日曜・祝日(休日も対応可)

住所:静岡県浜松市東区上新屋町228-2

詳細はこちら