Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

つぶやき

login

スタッフブログ

先日、久しぶりに温泉に入りました。
コロナ禍なのでずっと自粛していましたが、空いている所を狙って行ってみました。

暑いなかでもやっぱり気持ちよく、身も心もさっぱりとしました。


そこにおばあさんがいらっしゃって、気付くと娘たちが介助をしていました。
足が悪く一人で歩くには不安だったようで、手を貸して欲しいと言われたそうです。

もう大丈夫だよと言われた後も何となく気になり、最後に出られる際もお助けマンに行きました。
おばあさんは目に涙を浮かべて「ありがとう、ありがとう」と言ってくれたようで、
「親切にすると気持ちがいいね!」と二人とも良い顔で話してました。

ついつい、日常では注意することが多くなりがちですが、こういう時はちゃんと褒めてあげるべきだと
自分を反省するとともに、何よりの社会勉強だなと思いました。


先週行われたリーダーシップ研修でも、講師より参加者の方へ「最近、部下や後輩を褒めていますか?」の問いに下を向かれた方も多く、「逆に上司から最近褒められましたか?」という問いには「褒められていません」と
即答がありました(笑)やはり、経過や結果を認められるのは嬉しいものですし、モチベーションにも繋がりますよね。


これから始まる長ーい夏休み、小言ばかりでなく良い所をちゃんと見て褒めるという自分への課題を持って、
またどこかで、親子で学ばせてもらう場面があるかな?と期待したいと思います。

先日、子供から部活での出来事を聞きました。

ある子が、部活の練習道具を忘れてしまったそうで、
2つ持っていた友達が、1つを貸してあげたそうです。

しかし、その借りた子はお礼も言わずに、そっと置いて部活を早退したそうです。

もちろん、後で見た貸したお友達は良い気持ちはしません。
それだけでなく汚れてしまっていたそうで、貸した友達は怒りと悲しさでいっぱいだったそうです。
購入したばかりの新品でした・・・。


つい先日の新人研修で、「悪いことほど、早く報告する」と言われていたことを思い出しました。

まさに、子供の世界でも大切な ”報告・連絡・相談” です。

やってしまったことは仕方ないですが、すぐに言ってくれたり、謝ってくれれば
お友達もそこまで悲しくならなかったかもしれません。


年齢や場面は違えど、各々の世界での報連相はとても重要なことだと 改めて実感しました。

よい関係をつくる話の「聞き方」②

よい関係をつくる話の「聞き方」②

1.相手の発言をオウム返しする
  
  相手は自分が受け入れられていると感じ、信頼関係を
  築きやすくなるといわれています。


2.内容について質問をする

  相手の話に興味があることを伝えられ、より深い話を聞き出せます。



TKCbusiness news ワンポイントより 引用

きくという漢字には、「聞く」「聴く」などあります。
「聴く」・・耳を傾けて聞く、コーチングのスキルにもある「傾聴」ですね。
聴くという行為は、相手が自分の話をきちんと聞いてくれる、「承認」にも
繋がります。
人間関係の構築にはとても大切な事ですね。

好印象を与える接客の秘訣

好印象を与える接客の秘訣

マスクでなかなか表情が見えにくい今日での接客。
マニュアル的なやり取りではなく、「また会いたい」と思わせる
魅力的な接客はどんなものでしょうか。


感じがいいね!と思わせる鉄板フレーズ

1.「〇〇様、こんにちは」
  常連客には名前を呼んで、邪魔にならない範囲でさりげなく挨拶。
  店全体で、歓迎の気持ちを伝える。

2.「この間お買い求めいただいた〇〇はいかがでしたか?」
  以前購入した商品を覚えておいて、次の来店時に感想を尋ねる。
  顧客との親密度が高まる上に、好みも把握できる。

3.「私もこれ、好きなんです」
  私も好きと伝えることで、顧客との間に共感が生まれる。
  相手の反応によって顧客の好みも分かる。


接客に絶対の正解はないからこそ、顧客の表情や雰囲気から意を汲み、
行動に移す。その繰り返しが好印象を与える接客につながります。


引用:日経WOMAN 別冊


お客の立場からすると、覚えてくれていたことに喜びを感じます。
同じ商品を購入するにも「あのお店にしよう」と足を運びたくなりますね。

正解がないものは難しいことと思いますが、ちょっとした努力や工夫で
お店全体が魅力的なものになると思います。

花

コロナ禍の生活が約1年半経過しておりますが
コロナ以前と以降のの暮らしとでは、皆様の生活も色々な面で
変化があると思います。

家にいる時間が増えたので、観葉植物の人気が高まったり。
時間を掛けた料理をする機会が増えたり・・・・

弊社事務所には、以前より花や観葉植物は飾っております。

画像は、水の中に生けた花。
見方によっては、丸く見えたり、違う形に見えたり・・
事務作業の途中で、ほっこりとさせてくれる存在です。

なかなか、外出に制限が掛かってしまったり、
気分転換がしにくい昨今ですが、やはり植物はよいなと
改めて感じました。

皆様も、是非お試しください。

よい関係をつくる話の「聞き方」①

よい関係をつくる話の「聞き方」

1.うなずく、相づちを打つ
  
  しっかり聞いているということが相手に伝わります。また、
  適度な相づちがあると、相手は話しやすいと感じます。



2.話の内容に合った表情をする

  話を理解し、共感しているということが伝わります。



3.最後まで聞く
 
  話を遮ると相手は不快な思いをします。また、結論を
  聞き逃すことにもなりかねません。 

TKCbusiness news ワンポイントより 引用

私も、小さな子供と話している時は、ついつい結論を急いでしまったり
する今日この頃ですが、日々自分に余裕を持つよう心掛け、まずは聞く事に
徹するよう心掛けると、自分から色々な事を話してくれるようになります。
人を変えるのは難しいですが、自分が変わると相手も変わるのかもしれませんね。

雑談力の磨き方②

雑談力の磨き方②

雑談力の磨き方②

たかが雑談と侮ってはいけません。
雑談の仕方を変えるだけで、人間関係や仕事ももうまくいきます。
会話のなかで相手の情報を得ながら距離を縮め、信頼関係を築くのが雑談です。


レベル②
覚えてもらえない ⇒ 一言付け加える

・挨拶+「宜しくお願いします」で空気が温まる
 挨拶は会話の大切な”つかみ”部分。
 「宜しくお願いします」と笑顔で元気に伝えることで
 第一印象がぐんとアップ。

 「はじめまして。〇〇社の××と申します。
   本日はよろしくお願いします


・意外性やギャップを見せる
 じぶんはこういう人間ですという自己開示は、
 相手との距離を縮めるのに有効。
 中でも、意外性やギャップのある情報は、親近感や魅力を
 感じてもらいやすくなる。うまく活用してアピールしよう。

  趣味は食べ歩き。お酒も好きです。 など・・・


引用:日経WOMAN 別冊


会話で印象に残るのは意外性やギャップというのはよくわかります。
覚えてもらうには、自分のことを話して知ってもらうことが大切ですね。

一期一会

「二度と会えないと思って、相手の話を聞く」


 誰かと話をするとき、「こういう話をこの人とすることは、
 今日が最後で二度とない」
 と思って聞いてみてください。

 きっと真剣に相手の話を聞くでしょうし、
 自分も真剣に話をするでしょう。
 そうなれば、人との会話や出会いを、
 今よりもっと楽しくできるようになると思います。

 
 出典:福島正伸著「1日1分元気になる法則」(中経出版)


 奥の深い言葉ですね。一期一会と言う言葉と似ている気もします。
 一つ一つの出会いを大切にしたいものですね。

休息

休息

休息

「休み」や「気持ちの切り替え」も大事です!

脳や身体が疲れ切っている時は、「休み」が必要です。
気分転換に軽く身体を動かしてみたり、睡眠時間を長めにとったり
して、疲れをとりましょう。

「気持ちの切り替え」もモチベーションアップの維持につながります。
同じ作業を続けると脳が飽きてしまうので、集中力が切れそうになったら
別の作業に切り替え、気持ちをリフレッシュさせましょう。

TKCbusiness news ワンポイントより 引用 


ここ最近の週末は、梅雨の晴れ間でお天気が続いていますね。
清々しい風を感じるだけでも、ほっと一息気分転換できる気がします。
我が家は掃除をしたり布団を干したり、公園へ行って外遊びを楽しんだり。
しばらく家にこもりがちだったので、良い気分転換ができた週末でした。

雑談力の磨き方①

雑談力の磨き方①

雑談力の磨き方①

たかが雑談と侮ってはいけません。
雑談の仕方を変えるだけで、人間関係や仕事ももうまくいきます。
会話のなかで相手の情報を得ながら距離を縮め、信頼関係を築くのが雑談です。


レベル①
会話が続かない ⇒ 「聞く力」を上げる

・相槌の「さしすせそ」を使う
 さすがですね
 知らなかったです
 すてきですね
 センスがいいですね
 それはすごいですね
自分が使いやすい「さしすせそ」を作ってみるといいですね

・頷き方にバリエーションをつける
 へ~、あぁ、はい、など 話を聞いていますという意志表示を場面に応じて変化させましょう

・「そうですね」プラス一言で会話を続ける
 ちょっとした一言を足して、連想ゲームのように会話をつないでいく

・オウム返しで質問し、話を深堀りする
 相手の話題に知らない事や分からない事があれば、オウム返しプラス質問で
 相手の話を促すことが効果的


会話には話す力よりも聞く力が大切なんですね。
それには、相手や話の内容に興味を持つことも必要ですね。


引用:日経WOMAN 別冊

全部で701件中 1-10件を表示

最近の記事

お問い合わせ

TELTEL053-411-6858

有限会社キャリア・アップ担当:須山由佳子営業時間:9:00~18:00定休日:土曜・日曜・祝日(休日も対応可)

住所:静岡県浜松市東区上新屋町228-2

詳細はこちら