Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

印象を良くする第1歩は「自分の弱点を知る」⑥しぐさ·手クセ

login

スタッフブログ

つぶやき

印象を良くする第1歩は「自分の弱点を知る」⑥しぐさ·手クセ

周囲の人は気になっていても、自分では気づけない事も多い「自分のクセ」
人の印象は、話す内容以前に
「声のトーン」「声の大きさ」「表情」「見た目」などを含めた『話し方』で9割が決まるそうです。

相手に良い印象を与えるには、自分の現状を知るところから…。
今回は「しぐさ·手クセ」をチェックしてみたいと思います。

☑下の項目にあてはまるものをチェックします。
1.姿勢が悪い
2.気づくと、腕組をしている
3.時計が気になると、時計をチラチラ見てしまう
4.小さい頃から「落ち着きがない」と言われる
5.髪をつい触ってしまう
6.爪をいじるクセがある
7.無意識に机をトントンしてしまう
8.ペン回しがクセ



1~8に1つでもあてはまれば「しぐさ・手クセ」に問題あり‼


◆1にあてはまる人は「姿勢が悪い」
  相手に与える印象は    
     ✖自信がなさそう

 姿勢の悪さは『百害あって一利なし』。
 座って話す時は、深く腰掛け、背もたれにもたれず背筋を伸ばす。
 立ち姿勢は、片足に重心にならない。また、何かにもたれかかるとだらしなく見えます。
 脚をそろえて立ち、胸を張りましょう。
 特に、「長時間座って話を聞く」場面や「上司や顧客と立ち話をする」場面はご注意を。

◆2にあてはまる人は「腕組をしてしまう」
  相手に与える印象は    
     ✖上から目線だな
     ✖生意気

 腕組がクセになっている人、意外と多いです。
 目上の人と話す場面では失礼にあたり「生意気」に見られてしまうこともあり注意が必要。
 そういう場面では「机の上で軽く手を組む」などして「定位置を決める」事もおススメです。

◆3~8にあてはまる人は「手を動かすクセがある」
  相手に与える印象は
     ✖落ち着きがないな・・・

 ちょっとしたクセでも、何度も繰り返されれば目障り。相手をイラつかせることも。
 無意識でしていることが多いので、動画を撮って確認したり、人に指摘してもらったりして
 「直したいクセを付箋に書く」「PCに貼る」などして意識付けを。
 「人と話す時の、手の定位置を決める」のも〇
 (著書『1分で心をつかむ話し方』より引用)

声を客観視するには自分の声をスマホなどで『録音』して聞いてみるのがお勧めです。
また、身近な人に自分の態度・クセを聞いてみるのも〇



自分のクセを自分で気づくのは、やはり難しいことです。
動画を撮りチェックしたり、人に指摘して頂くのが確実ですね。
特に、目上の方とお話しする場面、客先に訪問する場面、1対1でお話しする場面など
では気を付けなければ・・・と思います。

投稿日:2020年08月25日 (火)

コメント0

この記事へのコメント

この記事へのコメントを投稿する

お名前
Eメールアドレス
コメント
 

右に表示されている文字を入力してください。

※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。

最近の記事

お問い合わせ

TELTEL053-411-6858

有限会社キャリア・アップ担当:須山由佳子営業時間:9:00~18:00定休日:土曜・日曜・祝日(休日も対応可)

住所:静岡県浜松市東区上新屋町228-2

詳細はこちら