Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

ビジネスメール3つのセオリー

login

スタッフブログ

つぶやき

ビジネスメール3つのセオリー

ビジネスメール3つのセオリー

ビジネスメール3つのセオリー

ビジネスメール3つのセオリー

コロナ禍により非接触が求められ、コミュニケーションツールとして、
メールの重要性が再認識されています。しかし、ルールを知らないまま
使っているケースも意外に多いようです。
「できる人」の3つのセオリーを参考にしてみましょう。

1.宛名を正確に書く
 本文の最初には必ず宛名を書きます。社外の人にメールをする時には
 「会社名」「部署・役職名」「名前」の順番で書くのが基本。
 社内では「姓」だけを「さん」付け、または「役職」をつけて書くのが
 一般的です。


2..内容が良くても「読みにくい」と感じられたら大きなマイナスです。
 ・20~30文字で改行する
 ・ブロック単位で1行空ける
 
3.送信前に誤字等を確認
 読み返すと・変換ミスなど、意外に間違いは多いものです。
 「誤字・脱字はないか」「用件は分かりやすいか」「添付ファイルの付け忘れ・付け間違い」
 等もチェックする習慣を付けましょう。
 送信先のアドレス確認も忘れずに。
 送信前に履歴が残る事もあり、電話以上に注意が必要です。

 ~TKS business one point news より~

投稿日:2020年12月11日 (金)

コメント0

この記事へのコメント

この記事へのコメントを投稿する

お名前
Eメールアドレス
コメント
 

右に表示されている文字を入力してください。

※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。

最近の記事

お問い合わせ

TELTEL053-411-6858

有限会社キャリア・アップ担当:須山由佳子営業時間:9:00~18:00定休日:土曜・日曜・祝日(休日も対応可)

住所:静岡県浜松市東区上新屋町228-2

詳細はこちら