Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

アンガーマネジメント研修 (怒りのコントロール)

login

研修プログラム

組織全般

アンガーマネジメント研修 (怒りのコントロール)

アンガーマネジメントとは何か。感情をコントロールしながら、快適な仕事へとつなげるための方法を学んでいただきます。

アンガーマネジメント研修   (怒りのコントロール)

目的(狙い)

1.日々の職場生活に、感情に振り回されながら仕事をするのではなく、感情をコントロールしながら、快適な仕事へとつなげるための方法を学ぶ。
2.アンガーマネジメントとは何かを学ぶ。
3.アンガーマネジメントの3つのポイントを掴み、日々に活かせるようにする。


特長
アンガ‐マネジメントとは、怒る必要のある事は上手に怒れ、
怒る必要のないことは怒らない事です。そして、怒りで後悔しないことです

そして、アンガ‐マネジメントができるようになると下記のような効果を実感できます。
アンガ‐マネジメントには、3つの暗号で怒りをコントロールしていきます。

日本アンガーマネジメント協会より参照

内容(カリキュラム)

  • 1. オリエンテーション
  • 2. 自己紹介
グループワーク
  • 3. <どんな場面でイラッとしたか?>
  • 4. アンガーマネジメントとは?
  • 5. アンガーマネジメントの3つの暗号  紹介
  • 6. 怒りの感情とは? 怒りのメカニズムを知る
  • 7. 自己診断してみよう
  • 8. 1週間を振り返って
  • 9. アンガーマネジメント
  • 10. アンガーマネジメント
  • 11. 分かれ道
  • 12. 怒りの性質
  • 13. 怒りの連鎖を断ち切ろう
まとめ
  • 14. 言い方を工夫すると、伝わることも
利用企業
受講生の

たとえ話がとてもいい。わかりやすい。

叱る注意という事に大変苦手意識をもっておりますが、お話を聞いて、何だか前向き に考えられ実践する気持ちになりました。ありがとうございました。

「べき」の考え方を教わり、おこりっぽい人がなぜおこっているのかが、少し理解で きたから。

スケールで決めることを教えていただき、分かりやすかったです。叱ると怒るは、似 ているようで違う事が学べました。

怒りのコントロールについて少しずつでも意識していきたいと感じました。 

怒りと叱りの違いがわかり、少しでも今後に活かせるかなと思いました。 

若い部下だけでなく、年上の部下に対する方法についても考えたい。 

わかりやすく説明してくれた。 

自分の感情をコントロール出来ず、後で反省する事がありますが、気付くと又同じ事を繰り返している自分がいます。「べきログ」を行う事で、2度3度と繰り返すこと が減ってこれば、日常においてより良いコミュニケーションがとれる関係ができると 思います。 自分が相手をおいつめたと感じる事もあります。どうしても話が一方通行で反応がな いとついおいつめてしまいます。ただそのようなケースがあった時、普段以上にその 人に声を掛けるようにしていますが、伝えるむずかしさを痛感します。 

更年期でかたづけるのもいやでしたが、自分自身の怒りのおさめ方(技術)もある事 がわかり安心できた。 



研修の流れ

  1. 01 事前のヒアリング

    参加者の上司の方々に研修参加の目的、対象、現在抱えている問題点などをヒアリングさせていただきます。

  2. 02 研修プログラムのご提案

    御社のニーズに合わせた、最適な研修プログラムを作成します。

  3. 03 研修実施

    体験ワーク、ロールプレイング、グループディスカッション等を行いながら実践型研修で確実に学べます。

  4. 04 アンケート実施

    参加者一人ひとりの理解度を把握し次に活かします。

  5. 05 ご報告

    当日の研修の様子・アンケート結果より今後を視野に入れたご報告をします。