Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

部下との効果的な面談の仕方セミナー

login

研修プログラム

経営者・管理者向け研修

部下との効果的な面談の仕方セミナー

部下の育成に悩んでいるリーダーのために、部下を活かして成長を促す面談を行おう。

部下との効果的な面談の仕方セミナー

研修期間 1回 4時間
目的(狙い)

効果的な面談とはどのような面談をいうのかを学び、実践できるようにする。

自分自身はどのような対人関係をつくる傾向にあるのか、また、面談者は、どのようなタイプなのか、相手を知り、今後の面談に活かす。(己を知る・相手を知る)

教育担当者・リーダーとして、部下や後輩を育成する立場として、どのような関わりを持ちながら面談を進めの事が重要なのかのヒントを掴み、実践に結びつけられるようにする。

内容(カリキュラム)

1. アイスブレイク

2. 面談の目的とは?

3. <効果的な面談をつくりだす人> と<面談を台無しにする人>の違いとは?

4. 己を知る・相手を知る

4つのタイプ分け診断

5. 面談の進め方 留意点

6. 面談には、カウンセリング技法を使ってみよう!!

<実習-1>「かかわり行動」を意識して、相手の話を聴いてみよう。
<実習-2> (伝え返す)・(開かれた質問)
<実習-3>
 (事実を聞く) ・・・どんなことが起こったかを聞く
 (開かられた質問)  いつもそうなんですか? 例えば、優しい面とかは
(肯定的資質の探求)
 (伝え返し)
(要約)

7.まとめ

利用企業
受講生の

本研修で学んだ事を知る知らないでは、日頃の接し方に差がででくることを感じました。相手にしゃべってもらうことで、話が一歩進むこと、人は自分のことを理解された時に、心を開き、考え、気づくことを学びしまた。

ただ面談するだけでは何の意味もなく、自分と相手をよく理解した上で、面談することが大切だと気づきました。

実践を交え、今後の実際の面談・指導に活かせそうです。

一歩的な指導は、成長につながらないという言葉が印象に残りました。上から下に一方的に話を進めてしまうのではなく、相互で同じゴールを認識することで、後輩はアドバイスを受け入れ、自ら成長の方向へと行動を起こせるようになること。


研修の流れ

  1. 01 事前のヒアリング

    参加者の上司の方々に研修参加の目的、対象、現在抱えている問題点などをヒアリングさせていただきます。

  2. 02 研修プログラムのご提案

    御社のニーズに合わせた、最適な研修プログラムを作成します。

  3. 03 研修実施

    体験ワーク、ロールプレイング、グループディスカッション等を行いながら実践型研修で確実に学べます。

  4. 04 アンケート実施

    参加者一人ひとりの理解度を把握し次に活かします。

  5. 05 ご報告

    当日の研修の様子・アンケート結果より今後を視野に入れたご報告をします。