Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

コミュニケーション力アップで部下指導力アップのためのコンサルティング

login

お客様の声と成功事例

スタッフ向け

コミュニケーション力アップで部下指導力アップのためのコンサルティング

部下指導者を育成するための、コミュニケーション力アップコンサルティングの事例です。




全社員及び、パート・アルバイト社員の挨拶や、報連相などの社会人としての基本マナーが身に付き、作業の効率性を向上させたい。そのため指導できる社員を育てたい。



8ヶ月間実施。(1か月1回4時間のペースで実施)

 ≪実施カリキュラム≫一部紹介
 
内容
1回目
・社内教育トレーナーの必要性と役割
・コミュニケーションのとり方
2回目
・コミュニケーションの発信、受け入れの仕方
・信頼する、されるとは?
3回目
・部下育成の意味
・教えるポイント
・コーチング「引き出す」
4回目
・「引き出す力」を身に付ける
5回目
・「引き出す」体験
6回目
・コーチング体験
・4つのタイプ分け診断
7回目
・効果的な質問とは?
8回目
課題実践発表会(上司参観)

コンサルティング成果

グラフ

参加者が感じた変化(受講後アンケートより、一部抜粋)

参加者自身の変化
仲間の変化
・考え方や伝え方(会話)を意識するようになった。 
・仕事に対しても、コミュニケーションに対しても、自分
 の意識がガラリと変わり、とても前向きな考えが
 できるようになった。 
・コーチングを受けることで、部下や先輩、上司に対し
 ても言葉遣いが変わっていると思う。
・いろいろなことに対して積極的になったような気が
 する。
・他部署の人と話したり、様々なことにチャレンジでき
るようになった。
・自分の意見が言えるようになった。
・自分が部署でどのような位置に存在し、周りを見な
 がら業務をしていかなければと、意識するようになっ
 た。
・気づくことが多くなった。
・今まで一方的に話していたが、相手に考えさせるよ
 うになった。
・相手を褒めるようになった。
・自ら気付いて、自ら学び、自分自身が変わるという 
 考えを持ち、行動するようになった。

・当初のやらされている感から脱し、前向きに取り
 組む姿勢に変化していく様子が良くわかった。
・雰囲気が柔らかくなった。
・研修メンバーのやる気を感じる。
・周りを巻き込みながら真剣に取り組んでいる様子が
 見られた。
・活発で前向きな会話をするようになった。
・回を重ねるごとに、研修の重要性と有効性について
 理解が深まり、真剣な受講ができるようになった。
・会社が変わろうとしていことを感じている様子だっ
 た。
・自分の部署だけでなく、横のつながりができ、皆で
 会社を盛り上げていこうという感じになった。
・皆意欲的になった。
・全員の取り組みが前向きになり、講習の内容を自分
 のものにしようという雰囲気を感じた。
・部内や会社をよくするための行動について話をする
機会が増えた。
・部内で意見を求めると、「特にありません」ということ
 が無くなり、自信を持って発案できるようになってい
 る。
 

gurahu

参加者の上司が感じた変化(受講後アンケートより、一部抜粋)

上司から見た参加者の変化
上司から見た部署内の変化

・挨拶が元気に行えていた
・自分から時間を作り、2人で社内環境を良くしようと
  話し合いをしてくれ、掲示物も作成してくれた
・自己力が出てきた
・人との接し方を学び、明るくなった
・考える力がついた
・次のステップに向けて、準備を重ねていたことが
  良くわかった
・積極的な発言が増えた
・部下に対して、注意だけでなく、たくさんほめている
・報告、連絡、特に相談することが多くなった
・部下育成も積極的になった
・大人しい2人だが、自分なりに試行錯誤して
 取り組んでいる姿が頼もしかった
・研修内容のシートや、まめな資料作りを行っていた
・これから行う事を説明していた行動が真剣だった
・朝礼等で進んで発言するようになった
・プラス思考に変化していると感じる
・指示した以上の事までを気にし、報連相できるように
 なった
・スケジュール管理もするようになった
・部署全体の業務進捗状況や雰囲気が高まり、
 積極的な行動が目立つようになった
・女性ならではの感性や気配りが感じられるように 
 なった
・積極的なコミュニケーションが多くの人と取れるよう
 になった
・PDCAとコミュニケーションの重要さを感じているよう
 だった
・相談が多くなった
・事前準備ができ、実行までの課題点を洗い出しやす
 くなった
・同僚への相談、リーダーシップが取れるようになった
・業務意識が変わった(後輩たちに良い影響を与えて
 いる)
・結論を求め、話し合いを積極的に行うようになった
・意欲、積極性、計画実行力が向上した
・協調性、相手を助ける精神が向上した

・社員が考え、成果を出す努力ができていた
・挨拶ができていなかった子が、挨拶できるように
 なった
・工場内の整理整頓が、前より良くなった
・「声を出さなきゃ」という気持ちになり、明るくなった
・挨拶の声が大きくなった
・作業上の問題点の報告や相談が増えた
 (些細なことでもと感じる内容まで、報告され、関心
 している)
・自分さえよければという感じから、毎日の朝礼で、
 一人一人に発言の場を設けたことにより、
 コミュニケーションの意識も徐々に変化が感じられる
・発表会後も引き続き、取り組んでいることが、非常に
 嬉しい
・報連相の大切さを認識し、朝礼やミーティング、
 掲示板の活用に取り組む意欲が日に日に強く
 なってきた
・参加者を中心に輪ができている
・一部の若年社員の表情が引き締まった
・自分の努力が必要だと感じているようだった
・リーダーを見て、感じて、学んでいるようだった
・自発的提言ができるようになった
・仕事の平準化が進み、個人の仕事のスキルアップ
につながっている
・情報収集とそれに伴う知識力の向上で、業務遂行
 に効果が出ている
・部内の決め事や進行状況等、朝礼を利用し案内
 するようになり、発言する機会が増えた
・課題の「報連相」で始めたミーティングにより、情報
 の共有に欠かせないものとなった
・上を目指すチームに変わりつつある
・挨拶の徹底はできたが、報連相は、まだまだ
・人材格差がつき始めている


☆上司の言葉(最終回アンケートより抜粋)