Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

コーチング事例③

login

新着情報

SUYAMAのコラム

2011年06月22日

コーチング事例③

実際にクライアントで実施したコーチングの様子です。


営業戦略のないことに気づいたBさん



今回は、非常に勉強熱心でいくつかの資格を取り仕事をしているが、なかなか売上に結びつかないB君との『コーチング』についてご紹介します。
 

B 君 私は、これまで資格を必要とする仕事をしてきましたが、まだまだ本格的に稼いているわけではありません。だから、コーチングを勉強して、より一層磨きをかけていきたいのですが・・・
須 山 ん~Bさん、素晴らしいですね、また新たな挑戦をしようとしているのですね。
B 君 そうです。須山さんのようにコーチングを勉強して、もっとお客様の相談にのってあげられるような切り口を見つけ、請求書(=契約書)を今まで以上に書けるようになりたいのです。
須 山 なるほど、請求書を今まで以上に書けるようになりたいのですね。
B 君 そのために、須山さんの目から見てコーチングの今後の将来性を一度聞いてみたいと思っているのですが・・・。
須 山 確かに、私もコーチングを勉強し、将来にも活かせるであろうということで、今も勉強していますが・・
もしかして、Bさんの本当にその目標を実現する為の方法は、コーチングを勉強する以外には、他には何かありますか???
B 君 えっ?契約が取れる為の方法で、それ以外に???・・・・・この発想しかないのですが・・・・。
須 山 例えば、営業戦略を考え、ご自分の営業をもっと、効率的に進めていくこととか?・・・・
B 君 あっ!・・・・(驚きながら)確かに、そうなのかもしれませんね・・・・・うん・・・そう、戦略がないことかもしれません。ただ私は。動いていれば、お客さんは見つかると思っていたし。そこには、資格があれば仕事になると思っていました。
須 山 うなづく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(沈黙も技術のひとつです。)
B 君 そうそう、戦略を考えずして営業しようとしてました。
須 山 そうですか!!戦略を考えることも必要だということですね。
  ・・・・というように、Bさんにとってみれば、不安だからまた、新たな資格をとり、それにより仕事の質を向上させることで、顧客の増大に繋がると思っていたことが、実は、真の問題に気づいていなかった事例でした。

『コーチング』
は、このように、その人が気づいてない部分にも焦点をあて、気づきをもたらし、新たな行動にシフトさせるきっかけ作りをも得ることができます。
 

お問い合わせ

TELTEL053-411-6858

有限会社キャリア・アップ担当:須山由佳子営業時間:9:00~18:00定休日:土曜・日曜・祝日(休日も対応可)

住所:静岡県浜松市東区上新屋町228-2

詳細はこちら