Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

第17回SUYAMA塾 活動報告

login

新着情報

研修報告

2013年10月25日

第17回SUYAMA塾 活動報告

H25年10月17日に実施したSUYAMA塾の活動報告です。

第17回SUYAMA塾 活動報告

実施日:平成25年10月17日
セミナーテーマ:効果的な叱り方講座

参加者:21名(10社)

第17回のテーマは、「効果的な叱り方講座(基本編)」。様々な業種の方にご参加いただけました。
今回の内容は、「叱り方」の基本についてお伝えしました。
セミナー前半では、怒りのメカニズム(アンガーマネジメント
後半は、効果的な叱り方について、学んでいただきました。

主なセミナー内容
「叱っている」つもりが、「感情的に怒っているだけ」
叱っている」つもりが、「部下を傷つけている」
「叱っている」つもりが、
「信頼関係を無くしている」
「叱っている」つもりが、「
下をつぶしている」
こんなことはありませんか?

実は、あなた自身の「怒り」方に問題があり、
育てるつもりが逆効果になっているのです。
そのために、あなたの「怒りを上手にコン
トロール」するための
手法がアンガ―マネジメントです。
これは、
1970年代、アメリカで生まれ
「認知心理学」「ソリューションフォ
ーカス」から
理論づけられております。
この講座では、
30あるテクニックに中で3つを紹介しました。

また、後半の【効果的な叱り方
では、3つのポイトをお伝えしました。
大切なことは、「叱る」とは、やりこめることではない。
相手に「変わろう! 改善しよう」というきっかけを与える事である。
これを前提として、日々の中で叱る(指導する)場合には、
論点は何か(何を)②基準やルールの明確化  ③何のために(目的)
この3つを意識した叱り方(指導の仕方)が必要であることをお伝えしました。

 ☆受講生の方の声
 ・「べき」の考え方を教わり、おこりっぽい人がなぜおこっているのかが、
少し理解できたから
 ・怒りと叱りの違いがわかり、少しでも今後に活かせるかなと思いました。
・叱る注意という事に大変苦手意識をもっておりますが、お話を聞いて、
なんだか前向きに考えられ実践する気持ちになりました。
・いろいろな手法を行ってきたが、自分の感情のコントロール、叱り方の
条件の方法を明確にする部分が少し欠けていると思った。
 ・叱っているつもりが怒ってしまっている

☆もっと聞いてみたいこと
・対処法、体質改善法。
・叱り方の具体例をもう少し聞きたかったです。
・個性の強い相手への対応。叱られる側の心理。
・アンガーマネジメントをもっと知りたいと思いました。


 

 


お問い合わせ

TELTEL053-411-6858

有限会社キャリア・アップ担当:須山由佳子営業時間:9:00~18:00定休日:土曜・日曜・祝日(休日も対応可)

住所:静岡県浜松市東区上新屋町228-2

詳細はこちら